正しいコツを学んでドライオーガズムを成功する人が増えています。

偶然が何かを呼び起こすことは多いと聞きました。
友人が突発的にアナルの快感に目覚めたのも、ドライオーガズムが開花した兆しだったのかもしれません。
その時友人は漠然とした快感があっただけで、射精しないで絶頂を迎えることの異常さには気づかなかったと言っていました。
しかし、考えてみると射精することが正しい男性の快感の得方だとの意見もおかしな物があります。
健全な男性にとって、射精はいわば生殖行為であり、純粋に快感を追求するための物ではないからです。
このため、男性にとって真の意味での快感はどこにあるのか、長年研究が進められていました。
そして、それが前立腺の刺激による絶頂感だとわかったのです。
一回射精してしまうと、若い頃ならともかく、年齢を経た人は体力を著しく消耗してしまいます。
そのため、何度も続けざまに射精すると命に関わるとも言われていたのです。
その点射精しないで絶頂に達するドライオーガズムの場合は、射精自体がないので体力の消耗がほとんどありません。
そして、絶頂の度合いは射精の数倍にものぼるわけで、それだけ見てもいい条件が整っていることがわかります。
ただ、射精せずにイクには前提となることがあり、前立腺の刺激が不可欠なのです。
慣れてくると性感帯が開発され、他の部位でも射精なしでイクことができるようですが、初心者にとってはアナルから指や器具を入れての前立腺の直接刺激が一番わかりやすく、確率が高いと聞きました。
dryorgasm5友人の場合はよくお風呂場でアナルを洗浄してから指を入れ、かなりの時間をかけて前立腺を刺激していたとの話を聞いています。
自分一人ではかなり前立腺刺激も難しいですが、パートナーに手伝ってもらうとかなり簡単です。
また、専用の器具も販売されているので、アダルト関連グッズの通販サイトなどで購入するのもいいでしょう。
パートナーにしてもらうといえば、最近は性感エステで前立腺マッサージをしてもらうのが大流行です。
これを利用すれば、自分であくせく苦労せずとも、たやすくドライオーガズムを体感することができます。
それは、この手のお店に勤める風俗嬢のレベルがそんじょそこらのソープ嬢などのレベルではなく、技術力が高いからです。
彼女たちはお店から直接教育された前立腺刺激のスペシャリストであり、その手腕を買われています。
今の世の中で快感を得るための手段はいくつもありますが、その中で特にドライオーガズムを感じるためにも、やらねばならないことは多いです。
友人のようにアナルの快感に目覚め、男性同士のアブノーマルな関係がそれを知るきっかけになる人もいれば、私のように性感エステやオナニーをきっかけにして前立腺刺激のコツを知る人もいます。
どんな形にせよ、ペニスを刺激するタイプの絶頂感から、前立腺刺激の絶頂状態へと進化していくのはいいことです。
男性として生まれてきた以上、この快感を味わわないのはもったいないでしょう。

コメントを残す