ドライオーガズム

男性でも女性でも、快感を感じるのは人間として当然のことです。
女性の場合はアダルトビデオでよく見るオーガズムの状態が一般的で、それがわかりやすい形で現れます。
これに対し、男性は射精をすることで絶頂を示し、精液がびゅっと出る瞬間のみ快感を得るのです。
快感が長く持続する女性に比べ、男性は絶頂感も少なく、射精によって体力も気力も放出してしまうので、総合してみるとかなり損をしているように思えます。
それは、男性の射精が生殖行為であり、快感を得るための行動ではないからです。
生殖行為であるがゆえに快感はおまけに過ぎず、女性のように全身でセックスやオナニーを楽しむことができないのでしょう。
そこで研究されたのがドライオーガズムです。
これは精通前の小学生などが感じる物で、ペニスは勃起しても精液が出ないので、自然に射精を伴わない絶頂感が生まれます。
精通が起こっている健全な大人は射精なしで絶頂を得るのは難しいです。
しかし、昔から男性同士のセックスにおいて、お尻の穴が使われてきたことはご存知でしょうか。
よくよく調べると、男性の前立腺を直接刺激するスポットがアナルの中にあり、それは非常に強い絶頂感を味わわせてくれるのです。
つまり、衆道として男性同士でセックスをしていた人たちは、知らず知らずのうちにドライオーガズムを経験しており、それだけいい気持ちになっていたことを示します。
dryorgasm4彼らが味わった感覚は射精だけでは絶対に味わえない物であり、物の本にも男のアナルはタブーとして伝えられているように、危険なまでに魅力的な部位だったのです。
ドライオーガズムで大事な部分は、前立腺の刺激ポイントです。
アナルに指や専門の器具を入れ、適切な強さで刺激していくことで、たやすく絶頂を感じることができます。
誰もがすぐにこれを会得できるとは限りませんが、前立腺刺激についてはアダルトサイトに詳しくやり方が載っていることもあり、慣れれば問題なくマスターできるようです。
ただ、あまりアナルの快感にはまりすぎると、日常生活にも支障が出てくるので、やり過ぎには注意が必要になります。
それくらい前立腺の刺激は魅力的であり、はまってしまうとなかなか抜けられない物があるのです。
風俗業界でも射精を伴わずにお客に気持ちよくなってもらうことを主体にするビジネスが展開されてきました。
代表的なのが性感エステであり、それ専用の知識や技術を持った風俗嬢が用意され、お客が満足するような形で前立腺刺激を中心としたマッサージをしてくれます。
これは、最終的にドライオーガズムを迎えてもらうことが目的なので、実に鮮やかな手並みが拝見できるのです。
私も妻に隠れて何度か性感エステに行きましたが、いつ行っても確実にえもいわれぬ絶頂感を味わわせてもらえたので、大変満足しています。
ここ最近はご無沙汰でしたが、また暇になったら性感エステに通い、この世の物とも思えない絶頂を体験してくるつもりです。

ドライオーガズムって何?っていう感じで初めて知った方もいるのかもしれません。
ココを読んでいる方の中でドライオーガズムの基礎すら知らない方はこちらのサイトをお勧めします⇒ドライオーガズム
こちらのサイトは分かり休む麻央t目られている事で有名です。を読んでドライオーガズムの基礎をしってから当サイトを見ると新しい発見があるでしょう。